幸せな夫婦が大切にしている秘密の習慣

夫に愛されたければコレをしろ♡〜あなたが夫に優しくしてもらえない理由〜

幸せな夫婦が大切にしている秘密の習慣⑤


“夫婦仲が良いと嫉妬や批判をされる”
とか、

“夫に愛されてる妻は偉そうに自慢してる”
(だから夫婦円満にならない方がいい…)

 

という無意識の観念を変更する方法の1つは


“仲の良い夫婦を心から誉めること”

↓前回記事参照↓

幸せな夫婦が大切にしている秘密の習慣④〜夫婦に対する固定観念を見直す - 脱常識人生

 

もう1つは
“与える喜び、受け取る喜びを知る” です。

 

 f:id:tohokamiehitame123:20170607130025j:image

 

与える喜び、受け取る喜びとは

言い換えると

 

“してあげることに慣れる”
“してもらうことに慣れる”
ということです。

 

 

まず、日常生活のなかで、
あなたが相手にしてあげていること、
もしくは
本当はしてあげたいけどできていないこと、
をイメージしてみてください。

 

例えば
旦那さんへのマッサージはどうでしょう?

 

夫「肩が痛い。揉んでくれ!」
妻「私だって疲れてるのに…」

 

こんな風に
嫌々やらされることはありませんか?

 

マッサージをしてあげることに
苦痛を感じている場合

 

“マッサージをする人は大変なんだ”

という思いがあるので
逆の側に立ったとき

 

「肩が痛いけどマッサージをお願いしたら
彼に迷惑だろうな」と、

 

“してもらうこと”に罪悪感を感じて
頼むことができない自分を作ってしまいます。

 

“与えること”を喜べないと
“受けとること”も喜べないんですね。

 

 

「電車の席を譲る」という行為はどうでしょうか?

 

座っているあなたの前に
おばあちゃんが立っています。
あなたならどうしますか?

 

譲ってあげたいけど
断わられるかもしれないし…
老人扱いするなって怒られるかもしれないし…
周りの人に偽善者って思われるかも…

 

と思ってしまうことありませんか?
私はあります。笑

 

 

これも逆の立場に立ったとき

 

「お嬢さんお荷物重いでしょ?
座ってください♪」

 

と阿部寛のようなダンディーなおじさまに
声をかけてもらっても

 

「いえいえ私は大丈夫ですから
気にしないでください…」と、

 

せっかくイケメンにレディー扱いされたのに
自ら進んでブスまる出し女に
成り下がってしまうことになります( ;∀;)

 

 

これを夫婦間でやってしまうと
ブスまる出し女スパイラル!に突入。

夫の愛情を受けとれず
どんどん
“愛されない妻” “夫を愛せない妻”
になる努力をしていることになってしまいます。

 

客観視すると
ごくごく当たり前のことなんですが
自分のこととなるとつい
やってしまいがちですよね(^^;)

 

 

夫が「手伝おうか〜?」と言ってくれても
謙遜、照れ、劣等感、恐れ、自虐などから

「やってもらって申し訳ない」
「いつもごめんね」とか
「いや私がやるから休んでて」とか

“感謝”よりも“罪悪感”ばかり
抱いてしまったりね。

 

これ、辞めちゃいましょう。

 

 

“やりたくないならやらない”
“どうせやるなら喜んでやる”
“してほしいならしてもらう”
“してもらうなら喜んで受けとる”

 

《与える喜び。受けとる喜び。》

 

これに慣れましょう〜♪

 

ありがとうの連鎖がおきますよ(^^)

 

 

そのためには心の余裕も大切なので
あなた自身が自分の暮らしを楽しんで
あなた自身が自分を幸せにすることを
忘れないでくださいね♡

 

 

tohokamiehitame123.hatenablog.com