幸せな夫婦が大切にしている秘密の習慣

幼い頃の自分に胸を張れる?

f:id:tohokamiehitame123:20170921101726j:image

 

今度ここで夢を叶えてくる〜♪

 

 

幼い頃の私と
可愛い息子たちに
胸を張れるように。

 

 

大丈夫だよって
夢を応援してあげられるように。

 

 

自分を生きよう。
家族とともに。

 

 

バカげてても
幼稚でも
非常識でも
いいじゃないか♪

 

 

それが人間なんだから。
それがワタシなんだから。

 

 

究極の遊び=今世の使命

 

 

身体と心に耳を澄ませば魂の叫びが聞こえる

このところ
鞭打ちみたいな首の痛みで
身動きできない日が度々あってね。

 

 

生まれてこのかた味わったことのない痛みに
すぐに治療家さんのとこ行こうと思ったら
まさかのお休みで。

 

 

他を探して電話したら繋がらず…

 

 

あ〜コレはもう
自分の身体と心とお話して
魂の声を聴かせてもらおう

外に求めるのは一旦終わったんだな

って感じてね。

 

 

身体を
こう動かしたい
こうやって休めたい
こんな姿勢がしたい
ここに引っかかり感じる

 

とか耳を澄まして
丁寧に向き合って
身体の声の通りに過ごしてみた。

 

 

同時に心にも耳を澄まして。

 

本当はこうしたいよ
コレが嫌だよ
あれが好きだよ
あのとき悲しかったよ
寂しいよ

 

とか
怒りや抑圧や恐れをゆっくり感じてみたの。

 

 

そしたら不思議と
首の可動域が少しずつひろがるんだよね。

 

 

ありがとう
私の気持ちやっと聞いてくれたね

 

って言ってるみたいに。

 

 

まだまだウトい私は
身体が教えてくれるまで
なかなか自分の本音に気づけなかったり

 

 

他(常識や体裁)を優先して
本音(身体と心の声)を
無視してしまったりするんだ。

 

 

身体のサインは魂の叫びだと思う。

 

 

魂は3次元の存在じゃない(形が無い)から
それは「神」とも同じだと思うの。

だから身体へのメッセージはありがたい。

 

 

自分自身に
ごめんね
ありがとう
を伝えて
ゆっくり向き合うようにしてるんだ。

 

 

治すことより
味わうことに重きを置いて。

 

 

治療や薬ですぐ治したら
その場は楽だけど

 

本音=魂の声=神の声

 

に気づけなければ
もっと大きな叫びとなって舞い戻ってくる。

 

 

それでもいいんだけど


やっぱり


私の声は
私が一番大切にしてあげたい。

 

それが最近の感覚だな〜
と、ふと思ったよ。

お母ちゃんは好きに気ままに生きていいよ

♡祝結婚6周年♡

 

f:id:tohokamiehitame123:20170921100751j:image


次男を両親にお願いして
2人きりで大宮♪

f:id:tohokamiehitame123:20170921100836j:image

 

デートとかいつぶりだろうか?


大宮なんて独身以来かな?

 

 

普段は子どもでふさがってる両手。

 

久しぶりに繋いで歩いたら
なんだかとっても懐かしい気分。

 

f:id:tohokamiehitame123:20170921100905j:image

 

氷川神社の参道で
森林浴とお散歩して
全身のコリも少し解消できました♪

 

 

混み合う時間帯のカフェで
みんな断られてるのに
なぜか私たちだけ
ゆったりソファーの6人席に案内されて
不思議でたまらなかったけど

 

f:id:tohokamiehitame123:20170921101002j:image

 

全ては
自分の意識が創り出している現実なんだと
自身への信頼と
世界への信頼が
ジワジワと溢れるのを感じました。

 

f:id:tohokamiehitame123:20170921100936j:image

 

「豊かだね〜」

「やばいね〜」

 

ほぼこれだけで会話してました。笑

 

 

最近はとにかく
平穏と安心
を感じています。

 

 

身体にたくさん
症状としてのサインをもらうんだけど


それすらも愛おしいと
心底思えるようになってきたことが
ありがたいです。

 

 

何もせず
ただ私として生きる自分。

 

 

それを許して生きられると
こんなに美しい命を感じられるんだなと。

 

 

日々、人生最後の1日を楽しんでいます。

 

 

ありがとう。


そんな言葉が自然と溢れてくるのは
不甲斐ない自分も全て直視して
家族に頼っているからだなと思います。

 

 

感謝しなきゃ!


のときは
無意識のうちに
深層心理に怒り溜めまくってたものね。

 

 

あ〜腹黒。笑

 

ま、腹黒い私も健在だけどもね!笑


気づけただけマシっしょ♪

シラミに感染したよ、のお話。

“ぎやぁぁあ〜!!! シラミ〜!!!??”

 

 

はい、私、人生初、シラミ症を経験しました。

 

 

今ドン引きしたそこの君。


大丈夫、私が一番ひいたからw

 

 

シラミってね、


皮膚科では、
『年々増加していて清潔にしていても
髪の毛の接触で誰でもうつる』
って言われてるみたいなんだけど、


家族で私だけだったのよね。

 

 

子どもたちと添い寝したり、
昼寝でおじいちゃんおばあちゃんの布団
借りたりしてるのによ。

 

 

それで色々な意見を見てみたらね
身体が弱ってるときに感染する
ってお話があったの。

 

 

あ、そういえば私産後だしね。


授乳期だしね。


風邪ひいてたしね。

 

身体が弱ってるってことは
心が弱ってるってこと。

 

シラミはホメオパシーでは
抑圧・嫉妬・不安・怒りなどなど…


と言われてるみたいなんだけど。

 

 

確かに


シラミに感染すると
頭を、キィ〜!って
かきむしるのね。

 

 

頭をかきむしるってどんなときだっけ?


って思ったらさ


イライラしていたり、
ジレンマ抱えてるときとか
頭使いすぎて火照ってるようなとき
だと思ったの。

 

 

それと
感染者の9割は7歳前後の子どもなんだって。

 

んでね、
シラミに感染したら
何が起きるかっていうと
毛づくろいなのよ。

 

 

お母さんが子どもの髪の毛を
丁寧に丁寧に
シラミ駆除専用コームでとかすの。

 

 

それは何かっていうと
スキンシップとコミュニケーションだよね。

 

 

つまり
シラミさんに協力してもらって


「寂しいよ〜」
「お母さんこっち向いてよ〜」
「よしよししてよ〜」


って気持ちを表現してるんだと思うんだ。

 

 

もちろん
お母さんがそう思ってる場合もあるよね。

 

 

実際にコームで毛づくろいして
その思いが満たされると
3日ほどでほとんど気にならなくなるとか。

 

 

実際に私もコームだけで
無事に駆除できました〜。

 

(一般的には殺虫成分入りのシャンプーで駆除するけど、害はあるのにシラミに耐性ができてきてて効かないらしい。笑)

 

 

問題はさ


私の場合
子どもじゃなくて
オトナの私がなったってこと。

 

みんなに移らないように
1人っきりになって
自分自身の髪の毛を
ゆっくりじっくり梳かしました。

 

 

そうしたら
スっごく気持ち良く感じてね。

 

『あ〜、私、子どものことばっかりで
全然、自分を労ってあげてなかったな〜。

ゆっくり鏡も見てなかったな〜。

1人で自分と向き合う時間
つくってなかったな〜。』

 

って痛感したの。

 

 

あと、


シラミは髪の毛の接触で感染するから
治るまでは
息子たちに
顔をくっつけたりできなくなった。

 

つまり今までより距離をとるということ。

 

 

それでまた

 

『あ〜私、
息子たちと分離できてなかったかな〜。

ちょっと甘えすぎちゃってたかな〜。

一人の人間として対等に
人格を尊重できてたかな〜?』

 

って反省させられた。

 

 

多くは子どもが感染して
親子の距離を縮めてくれるシラミさん。

 

 

でも我が家にきたシラミさんは

逆に、
いい距離をおしえてくれたのかもしれない。

 

 

そして


お母さんが自分を大切にすること。

毎日鏡の前で美しさを楽しむこと。

素直であること。

 

それが大事ってことを感じさせてくれた。

 

 

とは言っても


気づいたときは
気持ち悪すぎて
発狂したけどね。笑

 

 

自分の岩戸開き

余計なモノやコト


重く感じているコトやモノを


思い切って手放すと

 

岩戸に隠れてた自分のpowerが顔を出すんだね。

 

 

勇気を出して手放すと
本来のあなた自身が目を覚ます。

 

 

慣れた環境を脱ぎ捨てるのって
とっても怖いけどね。

 

 

脱ぎ捨てたヌケガラという過去には


嫌い!消えろ!

 

ってオサラバするんじゃなくて

 


思い出として愛でればいいんだよね。

 

 

蝉の抜け殻だって
子どもたちにあんなに愛されてるもん。

 

 

予知能力開花?!

昨日、人生で初めて予知というものを体験して、
自分でもびっくりした!

 

 

目の前の人が次の瞬間なんて言うのか自然と分かった。

 


なぜか知っているっていう感じ。

 

 

そしたら実際に当たってて

 

『今の何?私どうしちゃったの?!』

 

みたいな感じで。

 

 

本来誰もが持っている能力なんだろうなって思った。

 

ずっと忘れちゃってたんだなぁ。

 

 

子どもがみんなコレを普通にやってのけてると思うと
、未熟な親としてはちょっとドキリとします( ̄▽ ̄;)笑

ママこそ自由に生きよう〜保育園問題に思うこと

・子どもを預けるor預けない
・働くor働かない
・一緒にいるor離れる
・入園すれば子ども同士で遊べるor入園しなきゃ母子だけの遊び

 

 

この二元論はおしまい。

 

 

母子が一緒にいながら働いてもいいし
一緒に園に通ってもいいし
親と離れて子どもだけで遊んでもいいし
隣近所で子守をするのもいいし


どれかに決めたら、毎日続けるんじゃなく


その日の気分で母子がどう過ごすか選べたらいいし

 

全ての大人が全ての子を
本気で我が子と感じればいいし

 

一人の子に対して
お父さんお母さん、お爺ちゃんお婆ちゃんが
何人もいればいい。

 

 

保育園なんか学校なんか必須ではなくなる。

 

 

世界の部族や田舎の村で今でも実践する暮らし。

 

 

息子の通う園で実践する暮らし。

 

 

ファミリー。

 

 

急には無理?

 

でも、
挨拶ひとつからそれは生まれます。


今日から叶います。

 

f:id:tohokamiehitame123:20170808124354j:image