幸せな夫婦が大切にしている秘密の習慣

幸せな夫婦が大切にしている秘密の習慣②〜夫婦という船に乗って幸せ港へ向かえ〜

『自分に素直になれば夫婦仲は良くなる』

 

という、夫婦円満を手に入れるための

重要なポイントについて前回お話しましたが

 

そもそも

 
『あなたは、なぜ夫(妻)と仲良くしたいのですか?』

 
紙とペン(スマホのメモなど)を用意して

思いつく限り書いてみてください。









どうでしょう?
書けましたか?


なぜパートナーと仲良くしたいのか?


「家事を手伝って欲しいから」
「お小遣いをアップしてほしいから」
「喧嘩するのが苦痛だから」
「子どもが欲しいから」
「仲悪いよりは良い方がいいっしょ」


など色々な回答が出たと思います。

 


では、もう少し突っ込んで考えてみましょう。


「家事を手伝ってほしいのはなぜ?」
「喧嘩したくないのはなぜ?」
「子どもが欲しいのはなぜ?」


もっと楽になりたいから。
家ではほっとしたいから。
子どもとあそびたいから。

 


では、もっと突っ込んで


「それはなぜでしょうか?」

 
この質問を繰り返し突き詰めていくと


「愛したい」
「愛されたい」


私は、ここに集約されると思うんですね。


そして、

なぜ愛し愛されたいのか?


それは


『幸せになりたいから』


これに尽きると思うんです。

 
これを整理すると


“あなたが夫婦円満で在りたいのは幸せになりたいからである”


ということですね。

 


「『幸せになるため』に『夫婦円満』で在りたい」

のです。

 

f:id:tohokamiehitame123:20170603124802j:image


なぜこんな質問をしたかというと

『ゴールを目指さなければ

スタートすることはできない』

からです。

 


あてもなく彷徨い続ける旅路は
初めは楽しくてもだんだんと心細くなるものです。


あてもなく踏み出したなら
そこから新たにゴールを定めることで
また活力が溢れ旅路を楽しむことができます。

 


何が言いたいかと言うと(笑)
『夫婦(円満)』というのは単なる手段で
それを使って『幸せ』という目的を果たしたい。


こういうことだと思うんです。

 
この「手段」と「目的」を混同してしまうと
本当の目的である
「幸せ」を感じることは難しいです。

 

でも私たちは
ついつい履き違えてしまうんですよね。

結婚のことを『ゴールイン』や
『ハッピーエンド』と表現される
世間の風潮にも影響されているのかな。


“結婚すれば、夫婦になれば、幸せが手に入る!
ずっと幸せでいられる!”


って、漠然とイメージしてしまいがちですよね。

 

しかし、これを逆手に取ると

 

不幸になりたくて結婚した人はいないんです。

 

今のパートナーが
どんなに冷たい態度になっていようと
あなたと夫婦になることで
夫婦になる前より
「もっと幸せになれる」
そう感じて全ての人は結婚しているはずです。

 
なぜなら人も動物なので
「危険を回避する防衛本能」が働いているから。


不幸になる(危険)と感じることに
自ら飛び込むことはあり得ないのですね。

 


だからこそ
ちょっと考え方を変えたり
自分と相手を良く知る工夫だけで
理想の夫婦関係は創ることができるし
そこから生まれる幸せを噛みしめることも
できるんです!(^^)

 

 


【夫婦という船(手段)を使って
幸せという港(目的地)を目指す】


ことがハッキリしましたね♡

 


「船には乗っている!」
「港を目指して漕ぎ出そう!」
「で…?その港ってどこにあるの?」

 


そうなんです。


港(幸せ)に向かうということが

ハッキリしたところで


それが「どこ」で「どんな場所」なのか

が分からなければ進むことはできません。


進むことができたとしても

目的地に辿り着ける確率は

1割にも満たないでしょう。

 


夫婦関係においての目的地は「幸せ」でしたよね?
その「幸せ」ってヤツがなんなのかを知る必要がありますね。


それさえ分かれば進むのみです♪


簡単なことですよ。

 


あなた自身にこんな質問をしてあげてください。

 

 

【質問】
『あなたが幸せを感じるのはどんなときですか?』
又は
『あなたはどうなれば幸せを感じることができますか?』

 

思いつく限り書き出してください。

 


この質問を次回までの宿題にしますね♪


リラックスしてゆっくり考えながら
ノートに書き出してみてください。