幸せな夫婦が大切にしている秘密の習慣

幸せな夫婦が大切にしている秘密の習慣①〜離婚に踏み切るその前に〜

f:id:tohokamiehitame123:20170602144346j:image


「おじいちゃん おばあちゃん になっても
手を繋いで歩きたいね」

 

愛する人と結婚するとき
誰もが一度は思い描く夫婦の姿ですね。

 

しかし、現実はどうでしょう。

毎日、顔を合わせれば喧嘩ばかり…
すれ違い続きで会話すらない…

おばあちゃんになるまで仲良くどころか
新婚早々、夫婦関係はギクシャク。

 

まぁ新婚さんであれば
多少のぶつかり合いも愛情でカバーできます。

それが月日を重ねるなかで
愛情よりも不満がまさり
知らぬ間に溜まったストレスは限界に達し
遂に火山噴火!

 

「もうイヤ!私たち、おしまいね」

 

なんてことになりかねません。
私自身、主人と離婚を考えたことは何度もあります。笑

 

それが今では嘘のよう。
夫のことは誰よりも信頼でき、
互いに夢を応援し合う仲になり
心から幸せを感じる毎日を送っています。

どうして、そんなことができたのか?

じっくり惜しみなくお伝えしていきますね。

 

では話しを少し戻して
「離婚問題」について考えてみましょう。

今や三組に一組が離婚する日本!

なぜこのようになってしまったのでしょうか?


私は離婚否定派ではありません。
離婚によってお互いに道が拓けることもあるでしょう。
それでも安易に別れを選ぶ前に
今一度よくよく考えてみてほしいんです。

 

離婚には夫婦生活以上に
覚悟と決意、精神力と忍耐力、
そして経済力が必要になります。

どうせなら、そのエネルギーを

関係修復に注いでみるのもありだと思うんです。

 

もともと自立した二人が別れて
それぞれの道を進むのはいいかもしれません。
きっと卒なくこなしていけるでしょう。

 

逆に
自分の不幸を相手のせいにして
寄りかかり合っている夫婦はどうでしょうか?

夫や妻に相手にしてもらえない寂しさや
大切にしてもらえない苦しさ
思い通りにならない苛立ちから

離婚を選択したとしても
それは単なる
現状からの逃げになってしまうと思うんです。

 

現状から逃げるということは
パートナーから逃げていると見せかけて
実は自分自身から逃げていること。
一番大切な、あなた自身から目を背けていること。

 

あなたの短所を受け入れ
「なぜこうなってしまったんだろう?」
と反省したり

長所を見つめて
「ここをもっと活かしていこう」
と、思いが改まらない限り

 

今の相手と別れても
結局は同じことの繰り返しになってしまいます。
悲しいことに
どんなに優しい人とめぐり合っても
それは同じなんです。

 

なぜかというと
「相手は自分自身の鏡である」
という普遍的な
自然界の原理があるから。

 

原理なんて言われると
怪しいような難しいような気がしますよね?笑
でも何も難しいことはありません。

 

例えばこんな経験はありませんか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたは、スーパーに入り
お水を手にレジに向かいました。

順番が来て商品を出すと
店員さんは無言で受け取り
「100円です(-_-)」と言う。
あなたはお金を出そうとする。

そのとき、
手が滑って小銭をばら撒いてしまう。
あなたは謝りながら
急いで会計を済ませようとする。

店員さんは
「大丈夫ですよ」
と言いながら
どっからどう見てもカナリお怒りの目つき。
なんとか支払いを終え帰路につくあなた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こんなとき
あなたならどんな気持ちになりますか?

 

私なら
「わざとじゃないのに…」
「恐い人だったなぁ」
「なんだか気分悪いわ」
と、なるかもしれません。

 

反対に
店員さんが終始にこやかで
楽しそうに働いていて
小銭を拾うのも手伝ってくれたらどうでしょう?

晴れやかな気持ちになりませんか?(^^)


これって夫婦も同じです。


相手がブスっとしてたら
こっちもイラっとするし
こっちが楽しくしていれば
相手も機嫌良くなるもの。

 

「相手は自分自身の鏡」というのは
とってもシンプルな話だったんですね。

 

じゃあ実際に夫婦仲を良くするには
この原理をどう使えばいいか?
気になりますよね。

 

簡単に言うと
自分に素直になればいいんです♪

 

「素直にって言われても無理です」
「どうやればいいか分かりません」
「素直に言いたいこと言ってるけど不仲です」
とか色々とご意見はあると思います。

 

そんな
それぞれの悩みにもフィットするように
具体的に何をどうしたらいいか?

次回から順を追ってお伝えしていきますね(^^)