常識なんてクソくらえ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの幸せはなんですか?

脱常識で家庭円満!幸せ人生!久米川みさきのBLOG

お前キモい!自分の顔が大嫌いだった〜トラウマを乗り越えプチ写真集blogに挑戦

つぶやき 生き方 写真

f:id:tohokamiehitame123:20170121101001j:image

 

出っ歯!ハグキ!きもい!しね!

そんな言葉を男の子たちから浴びて

傷つき塞ぎ込んでいた思春期。

 

 f:id:tohokamiehitame123:20170121101026j:image

 

「私みたいなブスは学校にいちゃいけないんだ…」

「私みたいなキモい奴は誰からも必要とされない…」

「私がいたらみんなの迷惑なんだ…」

 

そんな呪いを自らにかけ

家に閉じこもっていたあの頃。

 

 f:id:tohokamiehitame123:20170121101101j:image

 

自分の顔が大嫌いだった。

整形したいと思った。

広告を見ると払える額じゃなかった。

ブスじゃなくなることもできないのかと思った。

両親の愛情さえ素直に受け取れなかった。

私なんて…私なんて…と

自分の殻にこもっていた。

 

 f:id:tohokamiehitame123:20170121101042j:image

 

でも大好きなシンクロの選手生活だけは続けていた。

そのおかげで完全な引きこもりにはならなかった。

あるときコーチに練習後呼び出された。

怒られるのかと心臓バクバクだった。

 

「いじめられて学校行けてないんだって?

コーチで良かったらいつでも話聞くからね」

と頭を撫でられた。

 

泣いた。

 

悔しさと、不甲斐なさと、

恥ずかしさと、有り難さ。

 

f:id:tohokamiehitame123:20170121101206j:image

 

 色々な人に助けられて大きくなった。

裕治さん(夫)と息子に恵まれた。

 

f:id:tohokamiehitame123:20170121101250j:image

 

無条件に受け入れられる愛情を知った。

嘘のない「大好き」と「可愛い」を毎日言ってもらえた。

 

f:id:tohokamiehitame123:20170121101338j:image

 

はじめは信じられなかった。

疑いたくて悲劇のヒロインになりきってた。

 

f:id:tohokamiehitame123:20170121101456j:image

 

でも信じてみたくなった。

本当は自分を好きになりたかったんだ

ってことにに気がついてしまった。

 

少しずつ少しずつ自分を好きになった。

自分の顔も嫌じゃなくなってきた。

それでも写真に一人で写ることだけは

どうしても嫌でできなかった。

 

f:id:tohokamiehitame123:20170121103623j:image

 

そんなこんなを繰り返しているうちに

結婚生活も6年目に突入した。

 

ふと気がつくと

「愛する人に見せる私の本当の姿を

愛する人しか知らない私の一番可愛い瞳を

愛する人に撮ってもらいたい…」

そんなことを感じている私がいた。

 

でもやっぱり怖い。

でもやっぱり表現したい。

 

いま苦しんでる子たちに

「自分の可愛いさを決めるのは自分だよ」

「自分の価値を決めるのは自分だよ」

「あなたの幸せを築くのはあなただよ」

って私の生きる姿で伝えたい。

表現したい。

 

だから挑戦した。

怖いし恥ずかしいし勇気がいった。

 

でも踏み出したら楽しくなった。

 

「裕治さんが可愛いって言ってくれるのも

あながち間違いじゃないかも…♡」

 

なんて思えるほどになれたの。

 

これからも撮り、撮られ、

この世界の儚さと、美しさ、

自分の生きざまを表現したい。

 

そう思うんだ。

 

f:id:tohokamiehitame123:20170121101421j:image

 

 

tohokamiehitame123.hatenablog.com