幸せな夫婦が大切にしている秘密の習慣

胎児の撫で方

妊婦健診に行ってきた。

自宅でしてる開業助産師さんだから、

お話はゆったりソファーで、

診察はのんびりベットで、

楽しく無駄話もしながら進めてくれる。

 

そこで初めて赤ちゃんへの触れ方を教えてもらった。


両手を差し込むように

グーっとお腹に押し当てて
左右にユックリと揺らす。
(文字だけ読んで真似するのは危険なので

ご遠慮ください)


そうすると頭やお尻を見つけることができて
トントンと触ることができる。
一人目も別の助産院だったけど

初めて教えてもらった。

 

触った瞬間思わず「可愛い〜」って

興奮しながら言ってた。
裕治さんも教えてもらいながら恐る恐る撫で撫で。
頭に触れた瞬間「ホントだ〜」って
すごく素敵な笑顔で喜んでくれてた。

 

ただ意識を向けたりお腹に触れるのも良いけど
それだけではなかなか実感が湧きにくい

赤ちゃんの存在。

 

直接、頭やお尻に触ることができると

物凄く近くに感じる。

 

3人に触られまくって、起こされた赤ちゃんは
ポコポコ動いて喜んで(怒って?笑)た♡

 

『ときどきお家でも、こうして触ってあげるといいよ〜』
ってアドバイスをくれて、
『あぁ、専門家が付き添ってなくてもお腹にグーっと
強く触れてスキンシップとって良いんだ〜』
って、母として認められたような、
とても嬉しい気持ちになった。

 

妊娠期間はパパママにとって心の準備期間。
でも現代の産科現場や親子・地域の繋がり方では
「どうやって心の準備をして良いのか?」
気持ちがあっても、そのやり方が分からない。

 

昔は産婆さんや先輩父母たちが
こうして楽しく教えてくれたんだろうなぁ
としみじみ感じる機会になった。

 

私が感じたことを、経験したことを、
子や孫達や後輩パパママたちに
当たり前にお話していきたいなぁ、と思う(^^)

 

 f:id:tohokamiehitame123:20170114052623j:image

 

tohokamiehitame123.hatenablog.com