幸せな夫婦が大切にしている秘密の習慣

パパママに告ぐ!子連れお出かけスポット情報①上板SAキッズカフェ


生き物として最高の喜び、子孫繁栄。出産。子どもとの時間。子どもたちの存在って本当に大きいですよね♪


しかし!子どもができて初めて知る苦悩!

・「こどもと気兼ねなく出かけられるところが…ない!」

なんということだ。
独身時代には出かければレストランも遊園地もデパートも、周りはほぼ家族連れ!くらいに見えていたのに。当然、家族連れが一番優遇された社会なのかと思っていたのに。相手を見つけ、時間はかかりつつもなんとか身ごもり、天使のような我が子と出会えて。晴れてあの楽しそうなファミリー層の仲間入りじゃん♡と意気込んでいたのに。
フタを開けてみたら。  
 …あれ?ココもアソコもこの子と一緒だと行けないじゃん。

日本に暮らす親であれば誰もが感じる悩みだと思います。
昔の日本は、どこでもお乳を出して授乳したり、その辺でオシッコさせたり(やり手水)、色んな人が代わる代わる抱っこしてくれたり、お互い様が当たり前だったみたい。子どもは親の所有するものではなくみんなの子はみんなで育てる、という価値観が一般的だった。

今でも世界の先住民や途上国の田舎の方なんかの経済が発展していないところほど、そういう『あったかい暮らし』が残っているよね。
 
なぜ、その日本の良さが変化して現代のような社会になったのか。考察を述べたいところだけど、それだけでシリーズ化できてしまいそうなので、またの機会にしてそろそろ本題に入ります。笑

・そんな現代のママにも希望はある!

子どももパパママも楽しく過ごせるところ。まだまだ少ないけれど、探せばある♪ だんだん増えてキテル♪
ということも分かり始めたママ2歳の私。今まで行ったところや気になるスポットのレポートを独自の視点で載せて行きたいと思います。

記念すべき第一弾は…

【上板SA かみいたキッズかふぇ】

以前から気になっていたココ。実家の父が遊びに来てくれた機会に行ってきました。本当はたくさん観光したかったけれど、あいにくの雨。孫の成長ぶりを見せたいけれど公園も無理だし、あすたむランドの科学館も2歳児にはまだ早い。そうだ、あそこがあるではないか!てな感じで。

・平成26年12月にリニューアルopen
営業時間 11時00分~15時00分
お子さま連れのお客さまがお寛ぎいただくために室内遊具やキッズトイレを備えた、西日本のSAでは初の専門レストランです。
『かみいたキッズかふぇ』をご利用の際は、アイスクリーム・ドリンク食べ飲み放題と室内遊具利用料を含めて、大人600円、小学生300円、未就学児100円、シニア500円の利用料が必要となります。
『かみいたキッズかふぇ』では、「親子で食べるランチプレート」や「パンケーキ」などをご注文いただけます。(上記利用料には含まれておりません。)〈公式HPより引用〉

まさかの四国は徳島の、マイナーエリア上板で、NEXCO西日本初の試みをしているというではないですか。しかも、最近増えている下道からも入れるスタイル。
アイスとジュースで釣ってるのは気になるけど、飲み食いしなきゃいいだけだしね。

・店内の様子
まず入店する際に利用料を前払い。(ドリンク&アイスクリームフリーサービス) あとはご自由にどうぞ、という仕組み。入退室も自由とのこと。
f:id:tohokamiehitame123:20160130133225p:image
開店とともに入店したので貸し切り!!
店内は、遊具で遊ぶ子どもたちを見ながら座れる、カウンター型のテーブル配置がメインになっています。普通の四角いテーブルもありましたが端に避けてありました。なんせ貸切だったので。笑
でも個人的にはテーブルは普通の配置の方が使いやすいと思いました。みんなで顔合わせて食べたいしね。

・遊具のクオリティにビックリ
あちきは生まれて初めて見やんした。ウォータースライダー風スライダー!(滝すべり)
f:id:tohokamiehitame123:20160130145158j:image
斜面のアクリル板の中を勢いよく水が流れているではないか。これぞまさに滝。
しかも、この滝(風すべり台)、裏が水のトンネルになってるんです。
f:id:tohokamiehitame123:20160130145214j:image
これには息子も興味深々。


お次は自動で動く「エアーシーソー」
f:id:tohokamiehitame123:20160130145224j:image
息子、これは怖がってできなかった。むしろ私が楽しんでた。

そして、オタマジャクシ?の「メリーゴーランド」
f:id:tohokamiehitame123:20160130145234j:image
これはお気に入りのようす(o^^o)

そしてコレ…
f:id:tohokamiehitame123:20160130145255j:image
クルクル回るナニか。もちろん息子は怖がっていました。

このエリアの4つの遊具は全て自動で動き続けていました♪
気がかりだったのはテレビ。雨の日でも思いっきり遊べるようにと、お金を払って来ているのに、テレビがONになった瞬間、磔の刑に。せめてオモチャコーナーじゃないところに設置求む。でも一緒に遊んであげると、またすぐに動き始めた。

なんだかんだ息子が一番気に入っていたのはアナログなボールプール。きゃ〜♪と叫びながら泳ぎまくっていました。
f:id:tohokamiehitame123:20160130145313j:image
塗り絵用の紙や色鉛筆、ブロック、ボーリングセット、フラフープも置いてあったり、大きなぬいぐるみも女の子が喜びそう♪

子ども食器やストロー、お絵描きボード、絵本や雑誌もたくさんありました。
f:id:tohokamiehitame123:20160130145323j:image
f:id:tohokamiehitame123:20160130145333j:image
ドリンクは自販機でセルフ。
市販のジュースやお茶を飲まない我が家にとって嬉しかったのは、お水はもちろんですが、炭酸水があったこと♪息子もシュワシュワ好きです♪ ただナゼか炭酸水には氷無しボタンがなくて氷を取るのに苦労した。自販機のって細かいから最終的に諦めて飲んだ。
それから、無料で買える設定になっているので、最近ボタン大好きマンな息子が押してしまう。1番下の段しか届かないけれど、飲むことができない果汁2%のオレンジを出してしまって返却コーナーにゴメンナサイしました。
目を離さないのが1番だけど、一応キッズカフェなので、注文制か、コイン制になったら助かるなぁ。

・もちろん食事もできる
フードは別途で、カフェのレジで注文、支払い、席まで運んでくれる、という仕組み。SAなので食事は覚悟の上で行きましたが、意外とご当地メニューが多くて驚き。父はカツカレー、私と息子で阿波尾鶏の和風おろし定食と、阿波尾鶏バーガーを食べました。SAのフードコートで作ってるので味はファストフードです。先に食べ終わった息子は早速走り回っていました♪ 『ちょっと待ってて!』って怒ったり、罪悪感感じながら急いで食べないで良いのが嬉しいです。
f:id:tohokamiehitame123:20160130152213j:image f:id:tohokamiehitame123:20160130152222j:image

・ママのチェックポイント
洗面所、授乳室(ベット1つ、イス1つ、給湯器完備)、子どもトイレ(小便器2つ,洋式2つ)、親子トイレ(大人洋式1つ,子ども洋式1つ,オムツ替えベット,子どもイス,フィッティングボード)も、全てカフェ店内に揃っているのが有り難かったですね。

・息子のようす
普段、キッズスペースがあるお店に行っても必ず飽きて外に出て行ってしまう息子。今回は開け放たれた出入口に全く興味を示さず満喫していたようです。2時間ちょっと滞在しましたが帰りたくないと拗ねていました。ごめんよ息子。

・接客
店員のお姉さんは2人とも優しくて子どもが好きなのが伝わってくるサービスをしてくれました。
食器の返却はセルフですが、お姉さんが下げに来てくれました。
父が店員さんに色々と聴いていましたが、まだ認知度が低くくて「平日はガラガラ、土日は少し増える程度」とのことでした。
父「こんな場所が増えて子育て世代に優しい世の中になるといいね〜」
店員「ありがとうございます〜(*^◯^*) 」
という会話を見ていて、「そう言えば昔から父は店員さんに客としてでなく、対人間として語りかけていたな〜。」「昔は恥ずかしかったけど、コレってこの前めんどぅーささんの漫画で読んだイゴーさんの話じゃん。語りかけることで命を吹き込むことができる。ってやつじゃん!本人は無意識だろうけど。」と1人感動と尊敬をしていたのでした。
実際、店員さんも凄く嬉しそうで、キラキラした笑顔を見せてくれていました。

・総評 ★★★☆☆ 〈これからに期待〉
今回の滞在中はずっと貸し切りだったので、自由に遊べて寛げて、清掃も行き届いているし、自動のオモチャの維持費なども考えると安いぐらいに感じました。
ただ、混雑していたら遊具の使い方、授乳室の順番待ち、清潔さ、などはちょっと満足度が下がるのも仕方ないのかなぁ、と感じました。私の場合、席で授乳するけどね。
料金は妥当。欲を言えば、フードを注文したら利用料は割引にしてもいいかも。
でもリピートは有りです!
金銭面、健康面、考えると頻繁には行けないけれど、ゆっくり話したいとき、外遊びが難しいとき、には是非また遊びに行きたいと思います(o^^o)


上板サービスエリア 下り線(愛媛・高知方面)
・Tel.088-694-6955
・板野郡上板町神宅字山田99-16
・営/7:00~21:00 ※かみいたキッズかふぇは11:00~16:00(15:00最終受付)
・休/無


◎久米川みさきのFacebook

◎舞人ミサキ Facebookページ

◎夫婦の活動「まんなか村」Facebookページ

Instagram  @kume_misa